~日々の事~


by goubarumaki

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

たまには見学

大分県日田地方振興局が実施している間伐講習会に参加してきました。
2存1伐の列状間伐です。

e0067358_23333743.jpg



日田の森林・木材関係に関するHPを集めています。
あまりない事はいいんですよ。。。それよりみんなリンクしようよ!
リンク集がない。あっても日田に関係ない事ばかり。
地域産業だからこそ、近くのネットワークの結びつきが重要になってくると考えます。
日田の杉が使いたい!と言ってもらえるようにしたいなあとこの頃考えます。
と言う事は、情報公開によるスムーズな流通、エンドユーザーのニーズに応える管理品質に加えて、森林の機能と美しさを造っているんだよと語れるようになりたいと考えてます。
なんか大風呂敷になってきたなあ。しがない林家なのに。。。
ま、5年後、10年後、25年後に振り返って1個クリアできるように日々精進します。
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-24 00:04

思い出した。


最近スカート穿いてないなあ。スカート。。。
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-23 23:25

ねこ


大分県日田市上津江町。民宿「小竹庵」のねこ。

e0067358_16494286.jpg


昭和初期の旧家をリニューアルした宿。太い梁や戸袋から当時の趣が垣間見えます。
緑や川の風景が心地よく長期滞在客も少なくないとか。山菜中心の山里料理も魅力。
[住]上津江村川原1155
[TEL]0973-55-2660
[休]不定休
[P]7台
[¥]1泊2食8,000円〜
[部屋]5室
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-22 17:03

お雛さまのBGMって・・・。

バレンタインデーおめでとう!みなさん(誰?)チョコはもらえましたか?
バレンタインの事をすっかり忘れていた私は、人がもらったチョコを横取りして食べました。そういえば夕方の打ち合わせの時、みんな口には出してなかったけど、気にしてたのかなあ・・・。そんな空気を読めない私です。こんばんは。

 さて、「あかりをつけましょぼんぼりに〜。おはなをあげましょ桃の花〜。・・・・今日はたのしいひな祭り」(作曲:サトウハチローさん。作曲:河村光陽さん)言わずと知れた曲です。が、私ずっと「楽しいひな祭り」だと思ってました。実は、題名は「うれしいひな祭り」でした。どうりでgoogleで検索してもでてこないわけで・・・。
 んで、おひな祭りのBGMって定番ですよね。上記のものや、雅楽、お琴・・・。なんか違う曲をかけたいなあと思いまして、今年は畠山美由紀やらnoonやら中納良恵やら原田郁子の女性ボーカルを中心に選曲してます。30歳女には「いいじゃーん」と言ってもらえましたが、どうなんでしょうね。おばあちゃんとか聞いても大丈夫なのかしらん。心配なので、「うれしいひな祭りも」常備しておく事にします。
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-14 23:24

北九州

久々に北九州に行きましたー。
3月にやろうとしてる事の下準備。でも決まったら急がんといかんのね。明日が勝負ですな。
で、久しぶりの研究室はというと、卒論・修論時期でがんばっとりました。一球入魂だ!(頑張ろうというのはもうあまり使わない)。
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-10 22:49

おひな祭り

おひなさまを飾るとき、おばあちゃんは人形と対話をする。
それを見ていると、おばあちゃんが少女に戻ったように見えてしまうから不思議だ。


今年から隈の専念寺というお寺で全国から果ては海外から集まったお雛さまを公開するというイベントが始まります。

詳細はコチラ
http://www.hinadera.org/

イベントも行われますので、皆様是非いらしてください。
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-09 22:57

話して面白い


自分のアイディアなり考えなりを、話してそれをどんどん膨らませていく事ができる人と話すのはとても楽しい事だ。それが実行できるかは別ですが。なんだかなーわくわくする。大事な人ですね。
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-07 23:40

ごまさばの効用か


先日、東京に行ってきましてその疲れか、(多分)ごまさばか、ウエストの(そばと一緒にゆでている)うどんにあたってものすごく体調を崩しまして。体がグッタリとしておりました。体が思うように動かないので、本でも読もうと思って読みました。

1.「銀色のフィレンツェ—メディチ家殺人事件 - 塩野 七生」朝日文芸文庫
2.「黄金のローマ—法王庁殺人事件 - 塩野 七生」朝日文芸文庫
3.「コンスタンティノープルの陥落 - 塩野 七生」新潮文庫

 1.2.はミステリーとして書かれたものらしいですが、ミステリーはちょっと無理があるなあと思わないでもなかったです。題名を間違えたと言った方がいいと思います。
 3.は本当に面白かった!一国が消え去るリアルタイムの状況を書ききっていると思いました。
二十歳の若者のひとつの国に対する執着心と、周囲の戦闘状況と、思惑。塩野さんの作品には登場人物に対する深い愛情と観察力(考察のほうが正しいのか)を読み取る事ができます。また、地図が一緒に掲載されている事で、想像力がより一層かきたてられますね。あと主人公の描写も良いのですが、それと同じく周りの宰相、小姓や、従僕の使い方が上手だなあと思います。
オスマン・トルコ皇帝マホメッド二世の言葉が忘れられそうにありません。
あーイタリア行きたい。。。

参考:
「緋色のヴェネツィア—聖(サン)マルコ殺人事件 - 塩野 七生」朝日文芸文庫
は1.2.のシリーズの最初のものです。


後日談:えーと、「あー、トルコに行きたい。」というほうが流れ的には正解でしょ。というコメントをいただきました。ごもっとも。「あーイタリア行きたい。。。」は1.2.を受けての言葉であるとお思いくださいませ。
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-06 23:22

G-mailあるよ。


どなたかいりませんか?
[PR]
by goubarumaki | 2006-02-01 18:06