~日々の事~


by goubarumaki

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

画像について

winでIEの方すいません。
Photoshopの使い方で表示されたりされなかったりするみたいです。
やり直しても表示されませんね・・・。何故だ。
[PR]
by goubarumaki | 2006-04-24 23:01

切磋琢磨

先週の金・土は長野から友人(といっても皆年上の姉様達)4人と中津江で木工を夫婦で営んでいらっしゃるIさんが視察見学に来てくれました。
金曜日:長さん山→横尾製材所→ナンブ木材流通→亀山亭旅館にて宴。
土曜日:日田杉の館→トライウッド→マルマタ山
という日程でした。

現場で何年も働いている人に対してきちんと案内できたのかはわかりませんけども、私にとっては刺激的な二日間でした。
周りが今どういったことが問題で、何を考えているのかとか、自分はどのくらい考えていないのかという事がよくわかりました。
本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします!

この二日間で感じた事は本当に沢山あって消化しきれていないんですが、「仲間っていいよなあ」と思いました。

ちなみに出身研究室の手ぬぐいだそうです。
e0067358_2442343.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2006-04-24 22:45

先を越されたカンジ

ゆずを植えようぜ!
と言っていた矢先に植えている箇所発見!ちょっとガッカリ。
壮観ですね。
e0067358_153241.jpg

ゆずには沢山トゲがついていますので、収穫が大変なのです。
e0067358_154492.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2006-04-19 01:06

間伐

別府の山を間伐。
やっぱスギの年輪は見てて飽きないな。中心がやや粗め。
e0067358_058569.jpg


3・4・6メートルに伐って搬出する。値段の違いは出荷する市場で異なるのか、あるいは品質か。その他か・・・。
e0067358_0581949.jpg


H川氏。物腰がほんわかしています。仕事っぷりはまだ見えません。
e0067358_0583232.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2006-04-19 01:04

フォーラム

2006 年4月 14 〜 15 日に行われた第5回九州森林フォーラム「きやどんの論楽会〜森林を守る!〜森の論楽会」に参加してきました。

 速水林業 速水さんのおっしゃることは、基本は変わりませんが「林業塾」で学んできた事よりももっと枠組みが広くなっていました。相変わらずパワフルです。いつも元気と学ぶ姿勢をもらっています。
 ㈱ トライ・ウッド 藤川さん(日頃からお世話になってます。)、熊本県山仕事仲間の会 中村さん、速水林業 橋本さんには、現場で機械をいかに無駄なく使うか。上手に使う事でコスト削減、綺麗に木を出す技術に繋がるのだという事。日常のちょっとした気づき・心遣いが重要な事。
 五ヶ瀬流域ネットワーク 土井さんの所には、大学3年生の頃インターンシップに行きました。あの1ヶ月半はなかなか体験できる事ではなかったように思われます。その時は私はあまり地域の事を住民と考えたり、や子供達とどう遊ぶかを考えたりする事をさほど楽しいとは感じていなかったです。土井さんはいつも「遊びが需要よね。」と言っていたのを思い出すなあ。今でも遊んでるみたいだけど(笑)彼女の柔軟な発想にはいつも驚かされます。楽しい話がいつまでもできるといいな。

速水さんに「速水さんの考える『美しい山』というのはどこですか?ご自分の山林を除いて。」と質問しました。それに対して、「スイスのエーメンタールの森(チーズで有名)ここは2人で行きなさい!日本なら高知のOさんの所・秋田のMさんの所、北海道のパイロットフォレストも面白い。サンフランシスコのミュアレッドそのまま南に下ってオリンピアかな。」
と。やはり素晴らしい山をつくっていらっしゃる方は素晴らしい山を知っているのだなあと(見た事はないけど聞いた事はある)。
時間はかかりそうだけど、行って見てみよう。

写真は前日の懇親会にてトライウッドの方が歌を披露してくれました。
e0067358_1756544.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2006-04-18 17:54

パンをひとつ


間伐前の現場の打ち合わせ帰りに、久しぶりに日田市小野にある「おかあさんのパン」に行った。
ハイジの白パンを1袋、色々詰め合わせを1袋買った。
そこはパンを買うと無料でコーヒーが飲めるので奥の休憩所でゆっくり飲んだ。
ゆずのつくり方なんて絵本を読みつつ。
さて帰ろうと
「ごちそうさま。」と言った時、奥からおかあさんのパンをつくったKさんがでてきて、
「あー、まきちゃん久しぶりねえ。」としばらく話して、
「それじゃあまた来まーす。」と帰ろうとすると、

「あ、ちょっと待ってヨモギあんぱんひとつあげるわよ。」と焼き立てのパンをひとつ手渡された。

その時、自分がなんだか小学生に戻ったような不思議なくすぐったい気分になった。
不覚にも涙が出そうになった。びっくりするくらい自然に
「ああ、嬉しいです。ありがとう。」と言えた。


大事な事に少し気づいた気がする。
[PR]
by goubarumaki | 2006-04-13 21:59

お知らせ

雨が多いですね。緑がだんだんと濃くなってきています。

さて、特定非営利活動法人 九州森林ネットワークの佐藤さんよりお知らせです。
明日です。お知らせが遅くなって申し訳ありません。


山で働く人々を日田地方では「きやどん」と言います。
 第5回九州森林フォーラムは、「きやどんの論楽会〜森林を守る!〜」と題して 2006 年4月 14 〜 15 日に開催します。「森の音楽会」ではなく、「森の論楽会」として山で働く「きやどん」と森林づくりについて大 いに語ろうという企画です。

 もちろん、現在の山の現実を知れば知るほど、楽しく語ろうなどと暢 気なことを言っている場合ではない大きな問題が横たわっています。木材価格が 2000 年以降、大暴落しており、林業家の林業経営意欲が低下し、手入れがなされない森林が増加しています。さらに、採算性のみを追求した無秩序な大面積の伐採とその後放置される未植栽地も近年、急速に 広がっています。山で働くきやどんの働く職場の環境も悪くなっているといわれています。

 一方で、多くの町の人々は森林の保全が大事だとはある程度理解をし、森林環境税も導入されていますが、今山で何がおこっているのか、森林に関係する山の人々が何を求めているのか、町では何をすべきなのかと いうことがうまく伝わっていません。

 難しい問題ですが、口をつぐんでしまうと何も変わりません。次の時代に眼を向けて、木を育て、伐採し、利用するということ、つまり林業が地球や地域環境にとって不可欠で、求められている循環型の社会に貢献する環境産業になりうるのだと、それぞれの言葉で町の人に伝え、ネットワークを築くことが求められます。

「きやどん」は寡黙に森林を伐採し、口べたな方々が多いと思われていましたが、近年、環境問題に興味があって林業に参入した若者が増加するなど外に発信する力を持ち、環境に配慮した林業のあり方を真剣に考 える、頼もしい「きやどん」も大勢いらっしゃいます。また、山村ではまだまだ古い慣習やしがらみも多い状況にありますが、環境保全を考慮 した林業家や事業体にとっては、現場で働く「きやどん」の知恵や技能は不可欠です。言い換えると、環境問題に興味があって参入してくる若者を失望させないような、林業のあり方を模索する必要があります。

 フォーラムでは、日本で初めてFSC森林認証を取得された速水亨氏をお招きし、経営者の立場から環境と林業そして働き手達の役割について基調講演をして頂きます。その後、九州各地のきやどん達と五ヶ瀬川流域の環境保全について活動されている土井裕子氏を交えてパネルディスカッションをする予定です。

 多くの方々の参加をお待ちしています。

理事長 佐藤 宣子

● プログラム(敬称略)

4月14日(金)
13:30〜 (株)トライ・ウッドにて受付開始
14:00〜 現場見学会
17:00〜 交流会受付
18:30〜 交流会・夜なべ談義
21:00    解散
 
4月15日(土)
 9:30〜 受付
10:00〜 九州森林フォーラム 開会挨拶
10:15〜 基調講演 速水 亨

        「美しい山林を育てる(地球環境時代の林業経営の新しい方向」
11:45〜 質疑応答
12:00〜 昼食
13:00〜 パネルディスカッション
          速水林業 速水亨氏
          ㈱ トライ・ウッド
          熊本県山仕事仲間の会
          速水林業
          五ヶ瀬流域ネットワーク 土井祐子氏
15:30  閉会


九州森林ネットワーク

http://www.geocities.jp/shinrin9net/
[PR]
by goubarumaki | 2006-04-13 09:15

シーカヤック

土・日曜日と宮崎県延岡市の五ケ瀬川でシーカヤックを体験しました。
生まれて初めて!ではなく2回目位。
川の水がすごくキレイな事に驚きました。
五ケ瀬川沿いの森林も広葉樹はキレイでした。
ただ皆伐後の植林をしている箇所が少ないカンジを受けました。
間伐も遅れ気味のようなカンジです。(勘違いでしたらば失礼。)

んで、以外とゴミがあることにも。
目線が低くなると見えるものはたくさんあるんですね。
日常で「ま、いいか」と思ってそのままにしているゴミがこんな所にきてるようですね。
塵も積れば山となるように、こんな広い範囲で拾うのは限界があります。
ゴミは放って置かないほうが良いです。(当たり前なんですけど面倒な時もあるんですよね。)

最後の方は気力で漕いでました。カナディアンの方がある意味楽しそうでしたが、今回はシーカヤックの方を練習しました。
帰ってから
「肩が痛いなあ」と言うと、
「これだから素人は!背中が痛くなるんだよ。」って。
次回こそは!

「おぐら」のチキン南蛮
e0067358_23504887.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2006-04-10 23:50

変化


家の前のヤマボウシが芽をだしています。
ツバメも巣をかけています。去年巣立ったヤツが戻ってきていると信じています。
春は動植物がどんどん元気になっていくので負けそうな気がします。(何にだろう。)

e0067358_23272759.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2006-04-10 23:27

オハナみ

先週の1日ですが。

近くの中の島公園でお花見しました。
野外でDJ&VJ(桜の花に映像を映し出していて不思議な空間になってたなあ。)です。
おつまみは1人1品。ビールとワインとチューハイで500円
久しぶりに気持ち良く酔いました。

e0067358_23202649.jpg


大原屋夫妻。カノジョのダンスは最高です。

music→ Studio Apartment/People To People/One True Love
[PR]
by goubarumaki | 2006-04-10 23:17