~日々の事~


by goubarumaki

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

言葉

今日は森林計画会議にてQ州林産のK氏のお話。
ここの管理のやり方はホントに勉強になるし、頑張ってる。

そこで、植物の先生K氏にお会いした。
旦那さんを紹介すると
「おお、いいカタチしちょるね〜」と笑顔でおっしゃる。
新鮮な響き。

ついさっき、花言葉・花贈り(監修:濱田豊 池田書店)という本をいただいた。
実家にあるセントポーリアを引いてみると
「小さな愛」
そういや沢山咲いてます。
[PR]
by goubarumaki | 2007-06-30 18:56

セミナー

先日行われたセミナーについて、頭に残っていることのまとめとして。

Kavin Jones氏によるとイギリスと日本の木材産業は大きな違いがある一方で、類似点も多くある。両者は同じ世界経済の中で同じ要因に影響を受けていると。島国、G8のメンバー、通貨、木材、繊維を外国に依存している。また、中国との貿易が急増している。
■データより、国土における森林面積の割合は日本で66%、イギリスで11%。
イギリスではそこから搬出される木材の認証制度の需要が高まっている。
イギリス州有林はここ50年で施業方法を戦略的な木材供給から社会的機能の提供へ変え、ある地域では景観、生物多様性、レクリエーション機能などの社会的機能を提供するために木材の搬出を減らした。外貨に対するポンドの価格で、過去20年で立木価格は大きく下落している。
■認証制度の役割について
FSC(Forest Stewardship Council)認証の役割は官庁や企業の認証材の需要の高まり、木材購入者の満足度、不法伐採でないことの評価、供給チェーン内のコミュニケーションの改善、長期的なビジネス関係を築くことができる、外部団体の理解を深めるのに役立つ。(事例:ボディショップ・ケニアの彫刻家)

FSC Japan→ http://www.forsta.or.jp/
FSCとは→ http://eco.goo.ne.jp/life/products/furniture/goods_07.html

加筆:イギリスでは施業計画は20年計画を立てており、詳細計画は5年間立てているそうです。日本(ウチも)は5年計画という事を考えると、森林管理はまだまだだ発展中なのかと痛感。
*****

1年生(地ごしらえ・植え付け)から35年生までの期間に1ha辺りにかかる必要経費を算出してみた。
[PR]
by goubarumaki | 2007-06-28 21:10

無題

とても綺麗で思わず撮りました。
もう少し綺麗に撮りたい・・・。といいつつ10枚程撮影。
「そろそろ・・・。」と言われて、惜しんで立ち去る。
次回は、もう違う物になっているだろうな。

e0067358_18301737.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2007-06-28 18:32

乗り遅れ

先日お知らせした。
「世界の木材市場動向と森林資源管理」http://fscape.exblog.jp/d2007-06-14に行ってきました。まとめは後日。
その後、GPS専門店に行って説明を受けて、気づくと7時!
羽田ー福岡の最終は20:05(スカイマーク)!
間に合わず・・・。
「そういうちょんぼは二度と無いように!」
というお叱りを受けて、近くのホテルに一泊しました・・・。
ちょんぼってなんなんだと思いつつ眠りにつきました。

今日は飛行機場を出ると日差しも気温もすっかり夏らしくなってた。
[PR]
by goubarumaki | 2007-06-27 12:08

湯布院

夏に行う森林教室の下見。
地元に住んでいる人が、地元と外部の人との橋渡しをする事はとても大事です。
それは専門家でも同じことが言えて、専門家同士で楽しむと言うこともやはり楽しいんです。
より多くの人に伝えたいと思うのであれば、真ん中に立つ必要がある。
在る意味ではどこにも属していないと見られるかもしれないけど、それはバランスをとる役目。
この活動が少しでもそういうお手伝いになればいいな。

e0067358_18382822.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2007-06-25 18:48

山国

道の駅のすぐ前に、パン屋がひっそりあります。
相当地味ですが。行って見てください。

e0067358_18361074.jpg
e0067358_18362468.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2007-06-25 18:37

甘木のおばあちゃん

日曜日の朝に起こされると。
「甘木のおばあちゃんとこに行くよ」と。父と旦那さん。
「え?何時決ったの?」
「昨日の夜」
「・・・(私はいませんでしたけど、電話で確認も無かったけど)」
という沈黙の抗議は聞いてもらえず、甘木に出発することになりました。

甘木のあばあちゃんというのは私の父方の母です。
私が小学生までは家族で一年に2回挨拶に行き、私だけそのまま泊まって、次の日バスで帰ってました。当時の私は甘木のおばあちゃんの所に行くときには、おもちゃを買ってもらえるという期待が大きかったですが、今憶えているのはビーズで小物を作ったり、紙で造花を作ったりすることがとても面白かった事。それからとても料理が上手でした(スペイン風オムレツとか)

部屋に入るなり「ようきてくれましたね。・・・あんた誰ね」と。
旦那さんの方は20回以上繰り返し名前・出身地・仕事を聞かれていました。
その間に髪形・服装についても言われて、苦笑しまくりでした。
でも、最後に「これで安心したバイ」という言葉に驚きました。
安心させて良いものだろうかとやや心配しつつ、ケアホームを後にしたのでした。
いつまでもお元気でいてくれますように。
[PR]
by goubarumaki | 2007-06-24 18:00

キャンドルナイト

e0067358_21302623.jpg

今日は福岡に行きたかったのに行けず、かなりへこみつつ木材協同組合での会議に参加。その後、トライウッドで打ち合わせ。
Fさんと話すと、とてもワクワクしてきます。
それにしても、残念無念な一日だなぁ。
[PR]
by goubarumaki | 2007-06-22 21:30

間伐

玖珠郡玖珠町山浦の間伐
47年生 ヤブクグリ(スギ) 面積7ha  
平川林業さんとのお仕事です。
ここは平川氏がとてもおおらかで気持ちの良い人です。
5人で仕事してます。使用機械:グラップル、やまびこ(木を運ぶ機械)、チェーンソー
梅雨時期なので素早く運んで行きます。
e0067358_2343735.jpg

e0067358_23432671.jpg

e0067358_23433985.jpg

e0067358_23435220.jpg

間伐するとスッキリします。

***********

先日、機会があって九大にて藤森照信さんのお話を聞きました。
風土、そこにある素材取り扱いについての見方、勉強になりました。
タンポポハウスや一本松ハウス、ラムネ温泉がメジャーでしょうか。
学生の頃雑誌でちらと見た時には、興味の対象から外れていましたが、
この時お話をきいて改めて眺めると「おお」と感じました。
茶室はいいですね。
自身が影響を受けた建築・人物について話したときに印象的だった言葉(多分)
「皆誰から影響を受けたというネタはばらしたくないんだよ。
でもね、自分の中から全てアイディアなるものが出てくるわけはないんだ。
誰かの真似をやってから初めてそこに反発する『自分』ができるんだ。
だからおおいに真似をしなさい。」
紹介してもらえたので少しお話をした。豪快そうな人だなと感じた。
藤森照信HP→ http://tampopo-house.iis.u-tokyo.ac.jp/
[PR]
by goubarumaki | 2007-06-21 23:44

成長の季節

2年前から5月から6月にかけてツバメが巣をつくるようになりました。
5月初旬からジッと見ていると、始めにつくっていた巣は5月20日に壊れて卵も落ちてしまい。
もういなくなるだろうな・・・と思っていると、一週間後に上の方に新しい巣が!
凄いなと感心していると、6月7日に3羽のヒナが卵から孵りました。
途中1羽がカラスに食べられてしまいましたが、
残りの2羽はみるみるうちにこんなに育ちました。

e0067358_18545928.jpg

[PR]
by goubarumaki | 2007-06-20 19:01